女性とドッグ

日本犬を飼おう

日本でも有名な犬種である柴犬は、海外でも注目されています。柴犬は、小柄でありながらも骨格がきちんとしており、しっぽと耳に特徴があります。初めて柴犬を飼う場合は、ブリーダーからの購入が最適です。ブリーダーは柴犬のプロであるため、しつけの方法や飼い方などについていろいろとアドバイスがもらえます。

婦人たち

安心できる購入の仕方

ブリーダーからの直接購入なら、安く購入できます。しかも両親の血統も確認でき、さらには専門知識まで得ることができます。生涯育てたい犬に出会う為に、プロの専門知識を持つブリーダーから購入することが選ばれています。

トイプードル

人気急上昇のミニチュア犬

トイプードルよりも小柄なプードルは、ティーカッププードルとして知られていますが、その性格から飼い易い犬として注目されています。学習能力が高く、人懐っこい性格をしているため、小さい子供や他のペットがいても問題なく育てられます。

非常に重要な器官

女医と犬

症状が現れにくい

犬や猫といったペットの肝臓は、口から摂取した栄養の分解や合成、さらに毒素の分解などを行う非常に重要な器官です。肝臓としての仕組みは人間とほぼ同様で、様々な働きを持つと同時に再生能力が高い臓器として知られますが、何らかの問題が起こっても症状が現れにくい沈黙の臓器としても知られます。ペットの肝臓病は本来の働きができず脂肪が溜まったり、炎症を起こす、細胞が壊死するなどが起こる症状です。しかし、この状態になるまで初期症状が出ることはほとんどなく、徐々に進行して悪化した状態で見つかるため、早期発見が難しい病気となります。肝臓病が進行すると、食欲を無くしたり、嘔吐する、体重が落ちる、元気がなくなるといった症状が出て、栄養障害や解毒機能の低下を起こします。最終的に毒素が全身に回って動けなくなったり、栄養不足でやせ細ることになるので、ペットの肝臓病を早期発見することが重要になります。肝臓病の原因は上記のような機能が状態の総称であるため、これと特定したものがないのが実状です。ウイルスや細菌の感染や病気の影響、遺伝性のものから老化による機能低下まであり、さらに複合的な原因もあるようです。治療自体は再生能力の高い臓器なので、要因を取り除けば次第に回復することができます。負担をかけるような要因ならそれを回避し、病気などの外的な要因であればそれを治療することで肝機能を取り戻すことができるのです。獣医に相談して適切な治療を受けることが大切ですが、最も重要なのはペットの食事管理となるので、医師の話を聞いてしっかり対応するようにしましょう。